・・ホワイトニング剤の使い方・・・・・・・・ 前に戻るトップページ「一液くん」の説明ホワイトニング剤の注文

     ホワイトニング剤(1,000cc) ¥2,970(税込み)


まず、実際に使用したときの写真をご覧ください。

オレンジと赤のバラを

ホワイトニング剤に浸ける。

1分後



5分後

1時間後

3時間後


3時間浸けた後、取り出した写真です。
一番左のオレンジのバラは比較のためにホワイトニング剤に浸けないものを並べてみました。


ホワイトニング剤は、プリザーブドフラワー加工用の脱色剤です。
白や淡い色に加工する時、クリアな色に加工したい時、色素の強い植物(ヘデラ・アイビー・アジアンタムなど)を加工する時などに、”スーパー一液くん”京淡彩シリーズの前処理剤としてご使用ください。水揚げ後、”スーパー一液くん”に浸す前に、色素が抜けるまで”ホワイトニング剤”に浸けるだけでOKです。その後の”スーパー一液くん”の加工方法は従来と全く同じです。念願だった淡い色合いや白い薔薇も貴方の手で作れますよ!さらに、強化液を使う事によりホワイトニング剤が繰り返し使え真っ白に加工も可能です。

使い方は、しっかり水揚げされた花をホワイトニング剤に数時間から数日間浸けます。花びらが脱色されればOKです。
上の写真では赤のバラは1時間くらいで大丈夫そうですね。
花は浮かないようにし、容器は密閉します。
色素が強い葉物などは、色素が抜けるまで数日間浸けてください。気温により抜ける時間が変わります。夏より冬の方が2倍時間が掛かります。
抜けきらない場合は、ホワイトニング剤強化液(ホワイトニング剤の1%程度)を添加してください。

ホワイトニング剤から取り出した花は、ホワイトニング剤があまり足れなくなったらすみやかに一液くんに浸けてください。

真っ白にこだわった白のバラを作る場合はホワイトニング剤強化液を1%加えたホワイトニング剤に3日〜7日浸け、もう一度新しいホワイトニング剤にホワイトニング剤強化液を1%加えた液に浸けて漂白します。

取り出したあとは従来通り、一液くんに浸けてプリザーブドフラワーに加工します。
(ホワイトニング剤に浸けただけではプリザーブドフラワーになっていませんので必ず一液くんに浸けてください。)



 ホワイトニング剤の注文は一液くんのオーダーフォームよりお願いします。


 ホワイトニング剤で抜ききれない色素の強い花や葉を加工するときや、こだわりの白い花や葉に加工するときなどには別売のホワイトニング剤強化液をホワイトニング剤に添加するとホワイトニング効果が高まります。また、数回使用したホワイトニング剤に追加することでホワイトニング効果を蘇らせることも可能です。